☆ 最速爆エロNews ☆
Powered By 画RSS

カテゴリー" 電車 "に該当する記事は以下になります



  • 【美脚エロ画像】降りるまでの密かな楽しみな電車内でムッチリ美脚撮り(*´д`*)

    管理人コメント♪

    若い頃は基本的に電車に乗る用事がある時は、移動にかける時間が長いので何か暇潰しになるようなものが欲しくて女性客の美脚を眺めていたりした事もありました。今はスマホの電池がヤバくなった時などに見させてもらっております、当然こっそりw

    無理に対面の座席でパンチラを狙っても見えない場合の方が圧倒的に多いので、最初からパンツは見切って脚のみに狙いを絞っておく方が確実。脚組みしている人なんかは、太もものムッチリ加減が際立ってそれはもう見応え抜群にw

    ただし、脚を組むのは通路の邪魔になる行為ですので混雑時にはやらない方がいいでしょう。組んでくれなくても、見応えのあるムッチリ美脚はそのままであってもたまらない存在なのですから…立っていてくれても問題ありませんwww




  • 【パンチラエロ画像】下調べすれば楽しい電車移動に!対面座席で下着を激写(*´Д`)

    管理人コメント♪

    こないだ電車に乗ったんですがあいにくこういう方たちに会う事は叶わなかった、電車パンチラのエロ画像。まあ毎日乗っている人と違って月一で乗るかどうかの自分が、対面チラと会えるなんて奇跡に近いものがあるのかもしれませんw

    逆に毎日のように電車を利用する人でも、対面にミニスカ女性が座ってくれる確率なんてそこまで高くはないです。同じようにそんなのは奇跡に近いと思われているのかもしれない…それほどまでに貴重ですので出くわせたら見逃せませんねw

    とはいえ向こうも偶然ミニスカでたまたま乗って来ると言うような事は殆どありません。いつもミニスカ履いている女性がいつもの時間にいつもの車両にいつもの場所に…を知っていれば見られる頻度も上がってくる事でしょうwww



  • 【パンチラエロ画像】そりゃ見ますともwがら空きの股間で誘う電車対面チラ(;´∀`)

    管理人コメント♪

    電車の対面パンチラのエロ画像。もはやミニスカ女子が座っている席の向かい側は空いてさえいれば是非ともキープしておきたいところというのは常識。覗かなくても勝手にスタンス開いて向こうから丸見えになってくれますしw

    ただし単にガン見しているのは体裁よろしくありませんから、何かカムフラージュするためにも本やスマホとにらめっこするようにして、視線の延長でたまたま視界に入るような感じがいいでしょう。バレんのはいいけど黙って閉じればいいだけなのにw

    しかし、見えそうと思ってもバッグなどで遮られたり、もしくは何も邪魔がないはずなのにスカート内部に発生した陰がなかなか明けてくれず見えぬまま…なんて残念な状況もあり得る話。でもあくまでも、向こうが勝手に見せてこそなので我慢ですwww


  • 【パンチラエロ画像】ラッシュを避けて悠々と鑑賞w電車内対面パンチラ(*´Д`)

    管理人コメント♪

    いつも乗っているからたまにはこんな嬉しいご褒美があってもいいでしょう的な電車内のパンチラエロ画像。とはいえ朝のラッシュ時は座るのも困難で、座れたとしても人の壁にさえぎられて見る事すら叶わない…可能ならば時間をズラしてみるのはどうでしょうw

    ただし、ズラす=乗客が少ないという事になりますので、ミニスカ履いて見えるように座ってくれるような女性もかなりの低確率エンカウントになってしまう…でもすし詰めになるのはもう御免。馬鹿に出来ないジレンマと言えますw

    帰りであれば余裕が出るので座れるし見えやすいはず。後は目当てのミニスカ女子が乗ってくるか、それとも彼女らの対面座席が空いているかどうかにかかっている…その隣が空いていたら場合によっては見える事もありますwww


  • 【美脚エロ画像】パンツ絶望的でもコレさえあれば凌げる!電車内で美脚を堪能(*´Д`)

    管理人コメント♪

    パンツが見えなかったら脚だけでも堪能すればいい、電車内での美脚鑑賞エロ画像。おっもしや対面なら見える?と思って座ってもよく見たらショーパンだったり、ミニでもデルタゾーンを覆う鉄壁の陰ガードによって見える気配が一向になかったり…

    この場合はもう、パンチラを期待するのはさっさと諦めてしまった方がいいです、そして丸見えなムッチリ美脚を堪能した方がストレスにもならずにいい策なのではないかと。でも心の奥底で少しだけパンチラを期待する程度ならば…

    女性の脚はあるだけで魅力的な存在ですので、脚フェチ人口が多いのも当然。目覚めるだけならばもの凄く簡単な事ですので、パンツばかりに拘らずに美味しそうな太ももを愛でるぐらいの余裕は持っておきたいところですなwww