星の数ほどあるエロ動画サイトをまとめたアンテナサイト【エロリ】OPEN!!登録サイト大募集中!!!!

カテゴリー" ビキニ "に該当する記事は以下になります

  • 【水着エロ画像】ポロリ待ってます!際どい気がするビキニギャルの乳(;´Д`)

    管理人コメント♪

    遊泳地で今年もいっぱい見かけるに違いない、ビキニギャルたちのたわわなおっぱいのエロ画像。外れてポロリしてくれればわざわざ熱気ムンムンのところに足を運んだ甲斐があったと言えるでしょうが、そう簡単にはいかないものw

    サムネのように乳房が半分以上ハミ出しているとしても、それ以上は踏みとどまってお預けとうパターンもよくある話。とはいえ泳ぎに来る人達は気分がはっちゃけている事が多いので、きっとどこかにうっかり外れちゃう人が…

    確実に中身を見たいのならばナンパ一択。男連れだと無理ですが、女だけで来ているというところは少なくはない筈ですので声かけを待っているという人も恐らくどこかに…ただしイケメンに限る、だったら詰んでしまいますorz



  • 【水着エロ画像】そうだ!ビーチに行こうと思わせるハミ尻ビキニギャルたち(;^ω^)

    管理人コメント♪

    ハミ出し食い込み当たり前!なビキニ女子たちの美味しそうなお尻のエロ画像。ビーチやプールに行けば見放題ですが、開放感としては前者の方が勝ってますので見に行くならば海ですかね。それに1人で行くなら海の方が人もごった返してて目立ちにくいかとw

    海にまで入る必要はなく、ビーチの周辺の海の家とかで飲み食いしながら肉付きの良い尻を眺めるだけでもアリです。流石に普段着だと浮いてしまうので水着とシャツぐらいの格好で過ごした方がよいでしょうw

    でも今年あたりからはTバックまでいかなくても、ハミ尻率の高い水着が増えそうですからなるべく近いところで眺めてもみたいところ。適当に歩きながら好みの尻を散策…砂が熱され過ぎてて立ち止まれないので歩く理由にはなるでしょうwww


  • 【腹筋エロ画像】硬い腹も悪くはない…整った腹筋自慢な美女たち(;´Д`)

    管理人コメント♪

    鍛えた事で綺麗な腹筋を手に入れた海外美女たちのエロ画像。見事にポコポコと仕切りになっており、硬そうではありますが触ってみると絶妙な感触を味わえたりします。ガチムチ過ぎるとハードル高いので、細マッチョぐらいがイージーですねw

    我が国で女性の腹筋を見かける機会に恵まれているところといえば、やっぱり女子陸上の競技中が有力。上下セパレートの水着みたいなユニフォームでヘソと腹筋見せながら走ったり跳んだりされてますから腹筋好きにはたまらない環境w

    しかし筋肉が6つぐらい分かれるまでするにはかなりのトレーニングを重ねなければならないところ。腹筋運動も1日10回ずつではなく、慣れてきたら回数を増やしていくような感じで鍛えていかねば彼女らのようにはなれないかもwww




  • 【海外エロ画像】任意で出してる人達は尊敬すべきwトップレス海外素人(;´Д`)

    管理人コメント♪

    おっぱい堂々と晒してビーチでバカンス中な海外のトップレスお姉さんたちのエロ画像。ヌーディストビーチと違って脱ぐ義務などは特になく、上を外すかどうかは任意なのですが生乳を晒すという選択を取るあたり彼女らもなかなか侮れない訳ですねw

    しかも大きく実った美巨乳系の持ち主が多いので、万一発見できたとしたらずっと見たままになってしまいそうな…そんなイヤらしい視線も余裕で流してくれるぐらいの度量を持っておられるといいのですがどうでしょう?

    チラチラ見たり視線を外したりよりも、堂々とじっと見ている方がまだマシのような気がしますが、彼女らもそう考えておりますかね?露骨に股間を膨らませながらじっと見ているのはよろしくないと思われる説が有力ですがwww


  • 【水着エロ画像】皆食い込んでるwビーチの見どころといったらビキニのハミ尻(゚A゚;)

    管理人コメント♪

    ビーチに繰り出したビキニ女子たちのお尻を追いかけたエロ画像、皆見事に食い込んでワレメの形が浮いていたり、横からムチムチの尻肉がハミ出していたり、はたまたパンツに皺が寄るのが鬱陶しいからTバック…と自由過ぎてたまりませんw

    ビキニといえばついつい上半身、いつ外れてもおかしくないぐらいに危うく感じる胸に注目されがちですが、後ろから見てもたまらない姿でございます。しかもちょっと動くだけでも食い込みが発生し、隠していた筈の尻肉も出るという素晴らしさw

    今年の夏もほぼ必ず、というか9割方の若いギャルたちが健康的なハミ尻っぷりを見せてくれるでしょう。ビーチに入らなくとも、周辺のお店などにビキニ姿のまま徘徊する方もいたりしますので拝むチャンスは幾らでもwww